事例・実績

新橋駅「HORA ANA table(ホラ アナ テーブル)」ネーミング・ロゴ開発

Briefing

JR東日本 新橋駅、第2期開業として2022年春にデビューした「エキュートエディション新橋」の一区画を「フードホール」とし、象徴的なネーミングとロゴの開発へ。
新橋駅の新たな顔となることで施設の認知を高め、お客さまの利用機会を増やしていくことを目指した、区画ネーミング&ロゴ開発を行いました。

Our Design

ネーミングとロゴデザインの考察にあたり、まずは徹底的なヒヤリングと現地の視察を実施。
クライアントとともに目指したい方向性や、必要な機能、果たすべき役割についてすり合わせ、何度も確認しあいながら進めていきました。
ネーミングは、現地の象徴的な形状である「高架下アーチ」と「ほどよく閉じられた空間」。そして、日常使いの新橋駅として「自分の居場所/基地」「シーンや気持ちを自在に切り替えできる場所」といったイメージから「洞穴(ほらあな)」をキーワードに制作。「食」を感じさせる「テーブル」を組み合わせました。
ロゴデザインは、現地視察を繰り返し行い、多くの人が行き交う賑やかな新橋駅のなかで、新しい顔としてのサインにふさわしいデザインを検証。細部にもストーリー性を感じてもらえるよう、新橋の高架下アーチをモチーフにした「入口」と「出口」を表現し、この場所を利用した方の「気持ちが切り替わる(スイッチする)場所」への思いを込めました。
日々たくさんの人が往来するニュートラルな場所で、人を、街を、時間をつなぐように。そしてまた、新橋の歴史を汲みながら、未来へも耐久性があるように。ベーシックな書体を選定しています。

Result

2022年3月24日、新橋駅の新たな商業空間「エキュートエディション新橋」が開業。
『食を楽しみながら、人、街、時間をつなぐ』をテーマに、 味と技術にこだわりを持つ「とっておき」のショップを揃えた、エキナカフードホール「HORA ANA table(ホラ アナ テーブル )」も同時にオープンしました。
以来、新橋のオフィスワーカーをはじめ、毎日多くのお客さまにご利用いただいています。