インタラクティブコンテンツ開発-Interactive-

インタラクティブコンテンツの新しい体験で、新たな価値を創造し課題解決に貢献します。

双方向のコミュニケーションは、ユーザーとのエンゲージメントアップの効果があり、この分野は今後ますます期待できます。たき工房では、ユーザーが企業の情報やメッセージをしっかりと受け取れる新しいコミュニケーションの場とインタラクティブの要素が強いコンテンツを創造し、新しいご提案で貢献します。

選ばれる3つの理由

  • 01
    5,000社を超える制作実績

    さまざまな業種・企業のクリエイティブ課題を一緒に考え、解決してきました。広告業界の第一線で走り続けてきた実績と高いクオリティーを誇ります。

  • 02
    最適なクリエイターと
    ダイレクトコミュニケーション

    弊社の営業担当が、クライアントの課題解決や目的達成に寄与するクリエイターを150名以上の中からアサイン。さらにクリエイターが直接クライアントとコミュニケーションを取り、課題やご要望の細かいニュアンスまで理解することで、クリエイティブ効果を最大限に引き出します。

  • 03
    スキルアップやマルチスキルを
    推奨する環境

    たとえば、グラフィックのデザイナーがWebサイトやムービー制作に挑戦できるなど、自分の専門分野を超えてスキルを磨いていける環境は、私たちの大きな特徴の一つです。部門間の連携や情報交換も頻繁に行われているため、クライアントの課題に対する幅広い提案と、社内一括で請け負える体制を実現しています。

こんなお悩みをお持ちの方にオススメ
    • 商品・サービスの理解を強く促したい。
    • 体験してもらい顧客満足度を高めたい。
    • インタラクティブな動画で認知を高めたい。
    • イベントを盛り上げたい。
    • 口コミ拡散で集客を募りたい。
    • お店の看板やホームページで使いたい。
    • 遊び心が魅力のインタラクティブなサイトにしたい。
    • WebサイトのQ&Aをインタラクティブにしたい。

[ インタラクティブコンテンツ開発 ] 活用例

  • インタラクティブコンテンツ開発
    インタラクティブコンテンツ開発

    インターネットの普及に伴って情報過多と言われる現代に、一方的な情報提供でターゲットの興味関心を引くことは難しくなってきた感があります。ターゲットが求める情報(価値)と企業が発信する情報(価値)をつなぐのが、双方向をコミュニケートさせるインタラクティブコンテンツです。双方向の体験がコンテンツの理解を促すことになり、体験者に強く印象を残す効果があります。

    コンテンツは、VR、AR、プロジェクションコンテンツ、インタラクティブサイネージ、動画、インフォグラフィックスなどのデジタルソフトを活用し、エンターテインメントやゲーム、学習などの新しい体験を生みます。今後、新たな価値を創造する可能性を大いに秘めている技術です。弊社でも自社開発やお客さまの業務委託によるシステム開発の設計で、インタラクティブコンテンツ開発に取り組んでいます。

基本的なインタラクティブコンテンツ開発のプロセス

通常のプロセスをご案内します。ご要望に合わせて、対面やリモートなど柔軟に対応可能です。

  • 01オリエンテーション

    制作にあたりお客さまから、基本方針、目的、商品・ターゲット、サービスの詳細情報、使用機材、予算、納期、他、締結が必要な契約の内容などをご提示いただきます。弊社では最適なスタッフ体制を整えてご提案します。

    〈ポイントアイテム〉
    オリエンテーションシート、秘密保持契約(NDA)、業務委託契約、概算見積書など

  • 02ヒアリング

    効果的な制作を行うために、現状のサイト情報、課題、ターゲット、目的、参考イメージ、期間、予算、その他ご要望などのヒアリングを行います。このヒアリングを十分に行うことが成果達成の最初の重要なポイントとなります。

    〈ポイントアイテム〉
    ヒアリングシート、ヒアリングフレームワーク、事例サンプルなど

  • 03企画立案※2~3週間

    現状把握のためのオリエンテーション、ヒアリング情報の与件整理を行った上で、課題の抽出、競合分析、ユーザー分析を行い、デザインプラン、シナリオ、システム設計・機材選定・スケジュール作成などの「企画立案」を行います。

    〈ポイントアイテム〉
    ユーザー分析、ソフトウェア制作、システム設計・開発、シナリオ設計など

  • 04プレゼンテーション

    企画の概要、企画意図、コンセプト、デザインプラン、システム仕様、要件定義、その他スタッフ体制や全体スジュール、概算のお見積りなどをご提案します。

    〈ポイントアイテム〉
    コンテンツ詳細内容、ビジュアルプラン、システム要件

  • 05実制作

    プレゼンテーションの結果、お客さまのご意向を反映してデザイン、システム仕様の修正、スケジュールなどの調整を行い、その認識をお客さまと共有し、精緻化を実施して、テスト動作、デバッグなどのチェックを行います。完成後は運用のサポート、効果測定を行います。

    〈ポイントアイテム〉
    動作テスト、デバッグ、使用機種など

  • 06コンテンツ運用