Privacy Policy

「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項

「個人情報の保護に関する法律」(平成15年5月30日法律第57号。以下「法」といいます)に基づき、お問い合わせいただいたお客様、当社の採用情報にエントエリーされた方(以下、あわせて「お客様」といいます)に対し、以下の事項を公表します。なお、この公表事項には、法に基づき、「お客様が容易に知り得る状態」に置くこと、ならびに「お客様が知り得る状態(お客様のお申し出に応じて遅滞なく回答する場合を含みます)」に置くことを義務付けられている事項を含みます。

1.個人情報の定義(法第2条)
本公表事項にいう「個人情報」とは、当社がお客様から提供を受けた氏名、住所、電話番号、メールアドレス等、特定の個人を識別することができる個人に関する情報をいいます。
2.個人情報取得時の利用目的等の公表に関する事項(法第18条、第23条第4項)

本公表事項にいう「個人情報」とは、当社がお客様から提供を受けた氏名、住所、電話番号、メールアドレス等、特定の個人を識別することができる個人に関する情報をいいます。

(1)個人情報を取得する際の利用目的(法第18条)

当社は、お客様の個人情報を、法により例外が認められている場合を除き、下記の利用目的で取得します。また、お客様から直接書面(ホームページや電子メールな等、電磁的方法などによる場合を含みます)に記載された個人情報を取得する場合には、法により例外が認められている場合を除き、その都度予め、その利用目的を明示するものとします。

(a)

利用目的

  1. 1.お問い合わせまたはご意見の内容確認およびその対応のため。
  2. 2.お申し込みいただいたサービスのご提供およびこれらのアフターサービスのため。
  3. 3.お取引先(お取引先となる可能性のある事業者の方を含みます。以下同様)に対する業務上・取引上の連絡、対応および管理のため。
  4. 4.お取引先に対する商品・サービスのご案内およびご提案のため。
  5. 5.当社が個人情報の取り扱いを受託した場合の受託業務遂行のため。
(b)
上記の利用目的に加え、個別にご承諾いただいた利用目的については、その利用目的の範囲内で適切に利用するものとします。例えば、採用情報等のご案内の送付・配信についてご承諾いただいた場合は、それらのご案内のために利用するものとします。
(c)
すべての個人情報について、個人を特定できる個人情報の項目を削除して、個人を特定しない統計資料作成(その公表を含みます)のために利用する場合があります。
(d)

法により例外が認められている場合とは、以下の通りです。

  1. 1.利用目的をご本人に通知および公表することにより、ご本人または第三者の生命、身体、財産、その他の権利および利益を害するおそれがある場合。
  2. 2.利用目的をご本人に通知および公表することにより当社の権利または正当な利益を害するおそれがある場合。
  3. 3.国の機関または地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知または公表することにより、当該事務の遂行に支障をきたすおそれがある場合。
  4. 4.取得の状況から見て利用目的が明らかであると認められる場合。

3.個人データの第三者提供に関する事項(法第23条第1項)

当社は、法により例外が認められている場合を除き、予めお客様の同意を得ずに、お客様の個人情報を業務委託先以外の第三者に提供することはありません。法により例外が認められている場合とは、以下の通りです。

  1. (1)法令に基づく場合。
  2. (2)人(法人を含みます)の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合。
  3. (3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合。
  4. (4)国の機関または地方公共団体もしくはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障をきたすおそれがある場合。

4.保有個人情報の利用目的の公表に関する事項(法第24条第1項 第2号)

  1. (1)「保有個人情報」とは、当社が開示、内容の訂正、追加、削除、利用停止、消去および第三者への提供の停止を行う権限を有する個人情報をいいます。当社が保有しているお客様の個人情報の利用目的は、法により例外が認められている場合を除きます。
  2. (2)「個人情報取得時の利用目的等の公表に関する事項」-(1)-(a)記載の通りです(ただし、(a)-5を除きます)。法により例外が認められている場合とは、以下の通りです。
    1. a.利用目的をご本人に通知し、または公表することにより、ご本人または第三者の生命、身体、財産、その他の権利および利益を害するおそれがある場合。
    2. b.利用目的をご本人に通知し、または公表することにより、当社の権利または正当な利益を害するおそれがある場合。
  3. (3)国の機関または地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、または公表することにより、当該事務の遂行に支障をきたすおそれがある場合。

5.開示等の請求に応じる手続きに関する事項(法第24条第1項第3号、第29条関係)

当社は、当社の保有する個人データについて、ご本人またはその代理人から、利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用停止・消去または第三者への提供停止(以下「開示等」といいます。)の請求があった場合、適切にこれに対応させていただきます。なお、当社が業務受託しており、当社に開示等の権限がない個人データは、開示等の請求の対象とはなりませんのでご了承ください。

6.Webサイトにおける個人情報のお取り扱いについて

当社では、Webサイトにアクセスしたお客様に安心してご利用いただけるよう、セキュリティ対策を実施しております。

7.個人情報の適切な取得

当社は、個人情報を適正に取得し、偽りその他不正な手段により取得することはありません。また、親権者の同意なく15歳未満の子どもから個人に関する情報をみだりに収集しないものとします。

8.個人情報の訂正など

当社は、ご本人から、個人情報が真実でないという理由によって、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます)を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨ご本人に通知します。

9.個人情報の利用停止等

  1. (1)当社は、ご本人から,個人情報が利用目的の範囲を超えて取り扱われている、または不正な手段により取得されたものであるという理由により,その利用停止または消去(以下「利用停止等」といいます)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。
  2. (2)当社は、前項の調査結果に基づき、その請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の利用停止等を行います。
  3. (3)当社は、前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をくだした場合に、遅滞なくこれをお客様に通知します。
  4. (4)前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合、その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、お客様の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じるものとします。

10.プライバシーポリシーの変更

  1. (1)プライバシーポリシーの内容は、法令その他プライバシーポリシーに別段の定めのある事項を除き、お客様に通知することなく、変更することができるものとします。
  2. (2)当社が別途定める場合を除き、変更後のプライバシーポリシーは、Webサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

11.メールの配信停止(オプトアウト)

当社からのメールでのご案内等を希望されない場合には、そのメールに配信停止(オプトアウト)機能がありますので、それをクリックしてください。以後、配信依頼がない限り配信されることはありません。

12.苦情の受付窓口に関する事項(法第24条第項第4号、施行令第5条、法第31条)

当社が保有するお客様の個人データの取り扱いに関するご指摘については、このサイトの「お問い合わせフォーム」で受け付けております。なお、直接ご来社いただいてのご指摘はお受けしかねますので、ご了承ください。
ページトップへ