Works

JR東日本ウォータービジネス 自販機ブランド「アキュア」認知向上プロモーション

Briefing

JR東日本エリアのエキナカを中心に展開されている自販機ブランド「アキュア」。飲料メーカーを超えた「ブランドミックス」の商品ラインアップに加え、オリジナル商品「アキュアメイド」も展開しているのが特徴。2016年にブランドロゴおよびブランドステートメント「いつもの場所で、いつもは変わる。」を新たに開発し、ブランドをリニューアルしました。それに伴い、新しくなったブランドの認知向上と、飲料の商戦時期である夏の購買促進を目的としたプロモーションを企画・実施することがご依頼でした。

Our Design

第一に、多くの人が「自販機のブランドを普段意識していない」という大きな課題がありました。そこで、自販機に注目してもらうために、ブランドリニューアルの際に開発した自販機キャラクター「アキュアくん」をプロモーションの主役に設定。そのアキュアくんが、突如、有給休暇を使って旅に出るというストーリーを描き、 “アキュアくんを目撃したらSNSに写真投稿してもらえませんか?”というメッセージとともに『旅するアキュアくんを探せキャンペーン』を展開しました。

実際に探して撮影するターゲットを、アキュアの自販機にランダムに貼られた「旅するアキュアくんステッカー(全10種類)」にすることで、自販機自体に注目を集め、さらに自販機を探すという行動へとつなげました。撮影した画像は、Twitter、Instagram、Facebookに「#旅するアキュアくん」を付けて投稿してもらうことで情報を拡散してもらいつつ、投稿者には抽選で賞品をプレゼントする仕組みにしました。同時に、特設サイトやSNSで、アキュアくんが旅をしながら、オリジナル商品アキュアメイドの原材料の産地などを巡る様子を展開し、商品へのこだわりなどの訴求も行いました。結果的に、多くの方々に参加していただき、ブランドとの接点を作りながら情報拡散に成功。目的としていたアキュアブランドの認知向上および商品の購買につなげることができました。

ページトップへ