Works

暴力行為防止 駅構内、中吊りポスター

Briefing

駅や列車内における駅係員や乗務員などの鉄道係員への暴力行為や、お客さま同士のトラブルによる暴力行為が頻発している。お客様に、より安心・安全に鉄道を利用していただくために、暴力行為の減少を図る暴力行為防止の駅構内・中吊りポスターを制作しました。

Our Design

前提として、「暴力は犯罪」「暴力は人を傷つける」ということは誰もが知っている事実であり、それゆえに大半の人が暴力行為を自分事として考えていないため、ただ暴力反対を訴えるだけでは誰の心にも響かないと考えました。

なのでコピーワークに関しては、見た人に「暴力行為って他人事じゃないかも」、といった気づきを与え、暴力行為を起こしたその後の自分を想像してもらえるような共感性の高いメッセージを意識して制作しました。また、秋~冬は飲酒率と暴力行為発生件数の相関性が高いというデータが出ていたので、冬季掲出のポスターに関しては、ターゲットを日頃から飲酒されている方に寄せつつも、誰もが腑に落ちるような普遍性の高いメッセージを狙って制作しています。

デザインに関しては、パッと目に止まるような特徴的な色味を使用し、駅・列車内にて他のポスターと差別化を図りつつ、長く掲出されても人に不快感・嫌悪感を与えないよう、シンブルながら印象に残るデザインに仕上げています。

Result

暴力行為件数が最も増加する7月と12月を皮切りに、全国86社局の列車・駅構内に2種類のポスターを通年で掲出。Twitterでの拡散を中心にSNS上で広がりをみせ、最終的にはWEBやTVなどのさまざまなメディアに取り上げられるなど、より多くの人々の認知を得ることができました。結果として、全国35社局において前年に比べて26件の暴力行為件数の減少に成功しました。

ページトップへ