Works

AIを活用した次世代のシステムデザインツール「Phronesys」の紹介ムービー

Briefing

AIを活用することで、今まで掛かっていた時間や費用、リソースなどのコストを大幅に削減。AIとの対話による機能拡張、日本語による要件定義、迅速な動作テストなど、モックアップを作る感覚でアジャイル開発が可能です。Phronesysの認知促進、フォーラムやイベント会場での注意喚起が目的です。

Our Design

AIやシステムなど、目に見えない難しい内容を、キャラクターアニメーションとインフォグラフィックスで、わかりやすく伝えました。

ページトップへ