Works

JR東日本「まもレール」プロモーション

Briefing

子どもが駅の自動改札機をSuicaでタッチすると、保護者にメールで通知が届く子ども見守りサービス「まもレール」。
2017年よりJR東日本の首都圏(一部駅を除く)を対象としてスタートしたが、2020年4月1日より都営交通、東京メトロにもサービス拡大。これに伴い、さらなる認知拡大および利用者増加を目的にクリエイティブ全般を担当。

Our Design

“自動改札機へのタッチにより自動で通知が届く”という特徴から、暮らしの中で自然に子どもを見守っていくことができるサービスであることを、わかりやすく、かつ強く、そして、ほんのり愛のあるクリエイティブで表現しました。

ビジュアルには人気イラストレーター「Rooo Lou」氏を起用。多彩なポスターが並ぶ駅構内での展開を視野に入れ、シンプルでありながらもインパクトがあり、保護者の方の目に留まるよう可愛らしいデザインに仕上げました。

TVCM等では『♪線路はつづくよ どこまでも』の曲にオリジナルの歌詞を付け、保護者の「家事して」「仕事して」、さらに子どもの「心配して」忙しい日々に安心を届けられることを描いています。歌も、子どもとの時間を大切にしながら音楽活動を行う夫婦デュオ「ハンバート ハンバート」に、魅力的に歌っていただきました。また、歌詞のテロップも演出のひとつとして扱うアイデアで、音声のない媒体でも機能するよう工夫を凝らしています。

ページトップへ