Service

私たちの強みは、本質を見つけ出し、ひとの気持ちを動かすカタチにするデザインの力。
パワフルなその課題解決力を、ブランディング、プロモーション、
そしてそれらを支えるクリエイティブワークの領域で、150名超のクリエーターが実証します。

CI/VI・アプリケーション開発

企業戦略には正しいCI/VIが必要です。

CI(コーポレート・アイデンティティ)とは企業の存在価値(プレゼンス)を高める戦略の一つです。具体的には、自社の理念や特性を踏まえた企業イメージを確立させ、社会に共有する活動を言います。その中でも、特に企業の象徴となるシンボルマークやロゴタイプを中心とした視覚(ビジュアル)の統一を図る開発・計画をVI(ビジュアル・アイデンティティ)と呼びます。

CI/VIが企業戦略に及ぼす影響は決して小さくありません。たとえば、社名の認知度向上。商品、サービスのマーケティング戦略。そして、コーポレートブランディングなど。あらゆる企業活動において、CI/VIは効果を発揮します。すなわち、効果を最大限高める「正しいCI/VI」が企業戦略のカギとなるのです。
特にロゴをはじめとするVIでは、核となるデザインのメッセージをあらゆるメディアで理解、浸透させることで、その企業ならではの存在価値より強化させることに大きな意味と目的があります。

私たちが行っていること

資料ダウンロード

これからCI/VI設計を検討される企業様向けに、参考資料としてたき工房オリジナル「CI/VI作成の基礎知識」をご用意しております。ご希望の方は、下記よりダウンロードいただけます。

こんな経験はありませんか?

  • ロゴをリニューアルしたものの、名刺に入れてみるとしっくりこない
  • ロゴ・VI・CIの違いがわからない
  • グループ企業や部署ごとにバラバラなマークやロゴを使用している
  • ロゴマニュアルはあるが運用しづらい
  • 自社製品、サービスの名前を覚えてもらえない

上記のような課題の多くは、正しいVIを設計できていないことが原因で生じています。
では、正しいVIとはどのようなものでしょうか。
それは、他のデザインとは異なるVIの性質を深く理解し、目的から戦略まで逆算して設計されたものであること。そこには、専門的知見とノウハウが必要不可欠です。

大切なのは、運用まで考えたVI設計

VIのご依頼で「せっかくのロゴリニューアル。これまでよりもデザイン性に優れた、できるだけ理想のイメージに近いものをつくりたい」というご相談を多くいただきます。

確かに、デザインは重要です。特に企業ロゴともなれば、働く社員をはじめとする社内外のステークホルダーだけでなく、社会から見られるものでもあります。特徴的な色や形、独自のビジュアルは他社と一線を画すロゴとなるでしょう。
しかし、VIのプロフェッショナルとして、私たちがはじめにお伝えするのはビジュアル以上に運用の重要性です。運用とは、VIのルールを決めることです。なぜ運用が大切なのでしょうか。それは、展開方法や汎用性といったVIのルールを定めることで、名刺や広告に展開する際にも、企業のイメージをお客様に正しく伝えられるようになるためです。

VI効果

VI設計のポイント

グループ企業の有無、レギュレーションの規定などによって、完成までの時間と工数は全く異なります。また、ロゴタイプの制作、視覚監査、商標や使用可否フォントの調査、精緻化、そしてマニュアル制作などにいたるまで数多くのフェーズが存在し、その全てで専門的な知見を要します。こうした工程を経て、様々な場面で破綻しない強度あるVIが完成します。その結果、企業戦略を加速させる企業アイデンティティや視覚的なコミュニケーションデザインの統一を図ることができます。運用まで見据えたVIは幅広い場面で企業活動を後押しし、企業の戦略の手助けをする存在なのです。

ube

[CI/VI]事例・実績紹介

  • JR東日本ウォータービジネス「アキュ...

    CI/VI

    アキュア ロゴ
  • 「たまひよ」ロゴ・キャラクター リニ...

    CI/VI

    ロゴ制作の「たまひよ」、「ひよこクラブ」が掲載された雑誌の表紙
  • いちまるグループ リブランディング ...

    CI/VI

    創業150周年を機に開発した「いちまるグループ」のロゴ。

たき工房の強み

たき工房には、VIの専門チームが存在します。これまで数百種類の企業ロゴや、大企業から中小企業まで様々なVIを制作してきた実績があります。
また、社内の広告制作チームやWebサイト制作チーム、ブランディングまで一貫して行うチームとも連携することで、VIの効果を高めるシナジーを生み出します。
お問い合わせ内容に応じて、それぞれのプロフェッショナルがお話を伺います。些細なことでも、ぜひお気軽にご相談ください。

VI

資料ダウンロード

これからCI/VI設計を検討される企業様向けに、参考資料としてたき工房オリジナル「CI/VI作成の基礎知識」をご用意しております。ご希望の方は、下記よりダウンロードいただけます。

x
sample
facebook share
ページトップへ