たき工房 新卒採用「デザイン制作・吉田チーム」のご紹介です。
大手広告代理店とのマス広告案件から、
クライアントと直接取引の案件まで、幅広い仕事に携わる
デザインチーム。
個性豊かなメンバーが集まっており、
その笑いの絶えない日々の出来事をSNSにて更新中
(@hobo_nonfiction)
吉田 自分たちで言うのもなんですが、本当に仲の良いチームだと思います。よく、こんなに似た感覚を持つメンバーが集まったな…と(笑)
山下 かなり愉快な人たちが集まっていますよね。笑いに貪欲な人が多く、楽しいです。
高橋 いつもしょうもないことで爆笑している。
相原 よく話し、よく笑って、普段のとりとめのないことを共有し合っています。まるで、学校の部活のような感じですね(笑)
徳江 他愛のない会話だけでなく、案件によってチーム構成が変わったりするので、いろいろなメンバーと仕事上のコミュニケーションをとる機会もあるのが嬉しいです。学びや発見があったりします。
田伏 服のテイストがそろいがちです。あと、近所のデカ盛り中華料理屋にいきがち。でも、ただ仲が良いだけでなく、弱音も吐けますし、はっきり意見も言い合える、家族みたいな雰囲気のチームだと思います。
吉田 仲が良くても、仕事に対しての甘えはないですね。かなり厳しいことを言い合うこともあります。それでもいい関係性でいられるのは、メンバーが互いに信頼や尊敬の気持ちを持っているからなのかなって思います。
相原 配属されて、こんなに幅広い案件に携わるのかと驚きました。クライアントとの直案件も多いです。
徳江 それぞれ得意な分野があるから、いろいろな案件が集まってくるのかも。彩基はWeb案件もかなりやっているよね。
高橋 グラフィックだけでなくWebデザインにも興味があり、独学でコーディングを勉強していたので、そのスキルや知識を活かせる案件が増えてきていい感じです。
山下 土屋鞄さんのプローモーションとして写真展を開催した案件で、自分の得意な書き文字を活かしたロゴを制作しました。この案件は撮影時の天候不良などさまざまなアクシデントもあったんですが、「いいものをつくる」という思いで、全員一丸となってひとつのものをつくり上げることができました。
田伏 私はルミネの案件がすごく思い出深いです。ポスター・屋外広告・店頭POP・中吊りなど、こんなにたくさんのツールを制作するのは初めてで、なかなか大変でしたが、実際に店頭に掲出されているのを見たときは嬉しかったですね。
吉田 田伏、頑張ってたもんね。
田伏 作業の山場のとき、吉田さんも疲れていると思うのに常に明るくサポートしてくれて、最高だなって思いました!
吉田 とはいえ、頑張る時は頑張りますが、もう頑張れないって時は速攻で帰ります(笑)よく「明日の私たちに期待しよう…!」と言ってみんなで帰るんですが、切り替えて次の日に集中して作業した方が大抵うまくいく。チームとして、メリハリをつけて働くことは心がけています。
相原 いつかこのチームで、地方に根ざしたローカルな仕事をやってみたいです。特に僕は日本酒が好きなので、地酒のパッケージをつくれたらいいですね。
高橋 ただ仕事を受けるだけでなく、みんなで何かをつくって、それを自分たちで売ったり発表したりして、ビジネスそのものを生めるような仕事ができたら楽しそうだなと思います。
山下 イラストや映像など、全員それぞれの強みを活かせるプロジェクトができたらいいよね。
徳江 僕は、ブランディングの仕事に興味があります。自分たちで一からつくり上げたもので、クライアントの喜ぶ姿を見たいです。
吉田 私も、ブランディングはこのチームに合っていると思う。じっくり腰をすえて相手と向き合いながら、クライアント自身も気づいていないような新しい価値を見つけて、それを全員の強みを活かしながら形にできたら嬉しいです。